[PR] リフレクソロジー 文芸 | さすらい経理旅情編

さすらい経理旅情編

出演 左党タカシ(高杉俊介)
    左党タカシ(香取達男)
    左党タカシ(香取恵理)
脚本 左党タカシ
監督 左党タカシ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
私の遠藤くん
私の遠藤くん
私の遠藤くん
吉村 達也

★★★★
2005年10月25日 第1刷

今日は直木賞の発表がありました。東野圭吾氏の受賞は順当なような気がしますが、受賞の時期は順当かどうか。空気を読めない選考委員に猛省を促したい。空気を読めない点では自分のことを棚に上げていますが。だからもてないのか。orz。

10歳年上の嫉妬深い妻を持つ遠藤くんが妻の反対を押し切って中学の同窓会に出席することが事件の発端となる。すらすら最後まで読んでしまった。最後はハッピーエンドで終わるのかと思ったら悲しい結末が…。
表紙に釣られて買ったわけではないのであしからず(笑)。

ご協力お願いします!

人気blogランキングへ

週刊ブログランキング

ブログの惑星ランキング




| 左党 タカシ | 文芸 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の中心で、愛をさけぶ
世界の中心で、愛をさけぶ
世界の中心で、愛をさけぶ
片山 恭一

★★
2001年4月20日 初版第1刷

某氏宛に出した年賀状を訂正します。「今年ももてないキャラでいきます」と書きましたが、別にキャラをつくっていません。素でもてません。訂正してお詫び申し上げます。

今さらながらセカチュー。
小説はその質のみで売れるわけではないことの良い例。
記述というか表現が薄い。とくに、サクとアキが接近する過程は不満である。
文学青少年に自分も作家になれるのではないかと錯覚させる1冊。
最初に目をつけた書店の店員、柴咲コウ、映画等のおかげで売れたのだろう。映画がどれくらいいいのかを検証したいのだが。明日へ続く。

助けてください!

人気blogランキングへ

週刊ブログランキング



| 左党 タカシ | 文芸 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噂の女
噂の女
噂の女

★★★★
2005年9月25日 第1刷

篠原涼子が結婚してしまいましたね。残念ですねー。なぜかというと、私は姉御肌の女性が好きなのでしょうね。近所にそのような方がいたら是非紹介してください

本書の著者のKデスクはウワシン編集部に女帝として君臨した女性である(笑)。でも、そのイメージもオカドメ編集長やK副編によってつくられすぎたのだな。
これまで編集長や副編集長によってのみ語られてきた編集部が別の視点によって明らかにされている。特に、K副編不在時の著者の奮闘ぶりはおもしろい。
このKデスクも私の理想の女性の一人である(笑)。でもちょっと痩せてね(笑)。

助けてください!

人気blogランキングへ

週刊ブログランキング






| 左党 タカシ | 文芸 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
色街を呑む!―日本列島やりつくし紀行
色街を呑む!―日本列島やりつくし紀行
色街を呑む!―日本列島やりつくし紀行

★★★★
2003年6月30日 初版

ここ何年も初詣に行っていません。なぜなら一緒に行ってくれる女性がいないからなのです(涙)。友人知人もこの歳になるとみんな所帯を持っていますからね。一緒に行く野郎もいないわけです。

『遊廓の名残ある土地から、新興の過激風俗地帯まで、全国津々浦々、裏風俗のメッカを訪ね、呑み、かつ××した、あやしい記録。なにが邪か、それは読んでのお楽しみである。』とあるが、かっちゃんは××していない。同行した編集者の役目。でも、いいんじゃないかな。本書は紀行文であって、ルポではないのだから。
そこで働く女性やその街の歴史に思いを馳せながら酒をチビリチビリとやる。一度はやってみたいものである。

助けてください!

人気blogランキングへ

週刊ブログランキング





| 左党 タカシ | 文芸 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
文学賞メッタ斬り!
<strong>文学賞メッタ斬り!</strong>
文学賞メッタ斬り!
大森 望, 豊崎 由美

★★★★★
2004年3月18日 第1刷

 最近は読書のペースは落ちています。会計、税務以外のジャンルの本は1ヶ月に1冊を読むかどうかといったところです。そのため、読了したばかりの本のみを取り上げるわけではありません。念のため。

 宮部みゆきはなぜ『理由』で直木賞を受賞したのか? 「そうじゃないだろ(by 阿部寛)というつっこみを入れていたが、その理由がよくわかった。選考委員は候補作を読み込んでいないんだな(芥川賞には読む能力に欠ける選考委員もいるが)。ついでに空気も読んでいない!
 この本によって、受賞作ばかりではなく、選考過程を楽しむということもできるようになる
 タイトルにはメッタ斬りとあるが、文学LOVE(by 武藤敬司)という感じが伝わってくる。さすが!
 
| 左党 タカシ | 文芸 | 12:34 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
適当男のポルカ
適当男のポルカ (JUGEMレビュー »)
林有三,高田純次,早川博二
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ おすすめ!
+ 相互リンク
学資保険比較情報 学資保険でお悩みの方へ。郵便局の学資保険やソニー生命などについて解説
相互リンクページ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE